ゆったり犬の保育園
*
ホーム > 健康 > 子どもの便秘をオリゴ糖で改善

子どもの便秘をオリゴ糖で改善

子供は様々な要因で腸内のビフィスズ菌が十分でない場合があり、それが便秘につながることがあります。子どもの便秘解消法はこれが効く!

 

このようなときはビフィスズ菌を応援してあげることで、便秘も改善に向かうことが多いようです。

 

子供の場合はビフィスズ菌を活性化させるのに一番よい方法はオリゴ糖を与えることです。

 

離乳食前か、あるいは離乳食が始まったばかりの乳児にとっては、なかなか食事によって善玉菌を増やすのは難しい状況です。

 

オリゴ糖なら、1日1g~3g程度をミルクに混ぜて飲ませるだけで十分な効果を現します。

 

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物なので、ビフィスズ菌を活発にし、増殖させるのに役立つのです。

 

子供に向いているオリゴ糖の選び方ですが、純度が高くて余計なものが混ざっていないものを選びましょう。

 

シロップ状のオリゴ糖の多くは、オリゴ糖の純度が30%程度であり、それ以外には砂糖や食品添加物が混ぜてあります。

 

粉末タイプのオリゴ糖は純度が高いことが多いようですが、中には砂糖などが混ざっている場合もありますから、よく確認してみてください。

 

オリゴ糖は様々な植物や食品などから抽出されますが、種類の違うオリゴ糖がブレンドされているものはさらに効果が高まるようです。

 

これは、種類の異なるビフィスズ菌を一度に元気にすることができるためです。